拡大法
グーグルホーム・ミニ の車載テスト
写真はクリック拡大ok  写真の拡大法を見る
2017年
11月11日制作
  まえがき】
 発売初日に注文したAI スピーカー「グーグルホーム・ミニ」が我が家に到着、室内で設定・動作確認等を済ませたらすぐ愛車のプリウスαに取り付けた。室内で動いた機能が走行中でも正しく機能することを確認できたが、一方で、問題も見つかった。
 例えば、走行地点付近のコンビニ情報等を入手したかったのだが、自宅を中心にした地点の情報しか応えてくれず期待外れ。本来固定して使うもので、移動中の利用は想定していないのだ。これは、スマホのグーグルアシスタントを使えば分かるので大きな問題ではない。

愛車に搭載した 「グーグルホーム・ミニ」
(クリック ➡ 拡大)
 また、車載の場合、再設定はスマホなどを2台必要としやや面倒である。次に、ビル街走行時、4Gなどの電波状況が刻々変わるためエラーが出る問題。これはすぐ復帰するので余り気にはならない。
 次は安全上の問題で、実はこれが一番問題。ドライバー本人がグーグルホーム・ミニを使うと集中力が分散し、とっさの飛び出しなどに対応ができなくなる可能性がある。同乗の孫達が使う分には問題がないが、1人で運転しているような状況では、まあ音楽を流すくらいがちょうど良いかも・・という印象をもった。


 【本稿の目次】 (項目をクリック ➡ 項目にジャンプ)
 ■ 車載のねらい
 
グーグルホーム・ミニで できること
 車への取り付け工事
 
車載テスト (動画あり)
 
グーグルホーム・ミニの評価

グーグルホーム・ミニ本体
(クリック ➡ 拡大)

 車載のねらい 
 
  発売初日の2017年10月6日に注文した AI スピーカー、グーグルホーム・ミニが、10月29日我が家に到着した。"10月26日発送"のメールが入ったので明日にでも納品されるか、と期待していたら、メールはシンガポール発。ヤマト運輸が現地~日本まで全部仕切っているようで、メールは"ヤマト"だった。それにしても、国際便も早く着くようになったものである。
 
 グーグルホーム・ミニを愛車のプリウスαに搭載する目的は、車載利用が可能かどうかの確認をするためと、車での利用価値が高いと思っていたのでその確認が目的である。利用価値については下記の「車載利用のメリット」にて説明している。

 車載の場合設定はやや複雑。設定には自前のルータ(スマホのテザリング)と、初期設定用のグーグルホーム・アプリをインストールしてある別のスマホの合計2台を必要とした。設定後は、先にスマホのテザリング(ルータ)を立ち上げておいてから車のスイッチを入れると、約1分で使えるようになる。

 試してみたが概ね使えそうだ。当初、今走っているところはどこか、近くにコンビニがないかなどの地図情報を入手できないだろうかと期待していたが、GPS機能を持っていないらしく、これはだめだった。本来、固定して使うことを想定しているのだろう。スマホのグーグルアシスタントを使えば用が足りるそうである。後で確認してみたい。

 グーグルホーム・ミニはUSB電源を使うように設計されているので、車の取り付けは比較的簡単だった。USB充電コネクターの付いた増設用のシガーソケットから約1m長のUSBケーブルで本体につないで電源を取るようにした。親分にあたるグーグルホームは100V電源だから取り付けはやや面倒だ。第1、あのサイズは背が高すぎて車載には不向きである。今回の取り付け法については、後で、レポートの中でご説明する。


    【車載利用のメリット】

 ① 音声だけで操作できるので安全運転ができる。
 ② 暇つぶしのプログラムが多く楽しめる(例:なぞなぞや豆知識など)。
 ③ 孫を塾や習い事に送迎するときの道具として使える。
 ④ クラシックなどの音楽が聴ける。
 ⑤ AI スピーカーなので調べものができる。
 ⑥ 当日のニュース(ラジコ)が聞けるのは有り難い。
 ⑦ 電源がUSB コネクターで供給できる。


親分・グーグルホーム本体
(クリック ➡ 拡大)

   

 グーグルホーム・ミニでできること

 グーグルホーム・ミニ は、双方向会話が可能なAIアシスタントであるグーグルアシスタントを搭載した音声AIスピーカー。ミニの親分、グーグルホームより小型で手の平に載る位の大きさ。6千円強と値段も手頃で、私のような年金生活者のお小遣いでも買える。

 TECHS LIFE サイト 「スマートスピーカー グーグルホーム の機能・できること」 では、機能と何ができるかについて非常に包括的、かつ、詳細にまとめられており、私がくどくど述べるのも憚られるくらい良くくまとまっているのでぜひご一読を!

 以下に、グーグルホーム・ミニで何ができるかの具体例をグーグルのホームページからの引用した。赤字は部分は筆者が追加。なお、グーグルホーム で利用できる言語は、日本語、英語(米国、英国、カナダ、オーストラリア)、フランス語(カナダ)、フランス語、ドイツ語のみとなっている。 

でできることの具体例
 いつでも使えるコマンド

使い方 タスク篇
Google公式YouTube

* 何ができる?
* 停止して
* 音量を上げて
* 音量を 6 にして
* 繰り返して
 調べ物をする


ちょっと調べ物1
Google公式YouTube


ちょっと調べ物2
Google公式YouTube

* 月までの距離は?
* 東京タワーの高さは?
* 北京は何時?
* イタリアの首都は?
* 森鴎外はいつ生まれた?
* リアーナの身長は?
* 夏目漱石って誰?
* 今何時?
* 今日はどんな日?
* j2のジェフの試合結果と順位

* 今大網街道は渋滞している
* 1 カップは小さじ何杯?
* ご飯1杯のカロリー
* りんご1個のカロリー

音楽をかける


音楽を楽しむ
Google公式YouTube

* 何か音楽を再生して
* ジャズを再生する
* ダンスミュージックを再生する
* ワークアウト要の曲を再生して
* ベートーベンのロマンスをかけて
* 童謡の赤とんぼをかけて
* アンパンマンのマーチをかけて
* 荒野のバラ をかけて (プレイリストより)

【プレイリスト】 
荒野のバラ きらきら星 アベマリア バッハ
 
(注 : 個人で Google Play Music のプレイリストに登録してある)

アラームをセット * アラームは何時に設定されている?
* アラームを設定
* アラームを午前6時に設定
* 午後6時に起こして
* アラームを20分後に設定
* アラームを平日の午前7時にセット
* 20分後に起こして
* パスタのタイマーを5分に設定して

 天気予報・ニュース * 明日の天気は?
* 東京の天気は?
* 今日の気温は?
* 明日は雪降る?
* 今日は傘いる?
* 今日の最低気温は?
* 萩市の明後日の天気と気温 は?

* 今日のニュース
* ラジオを聞く (ラジコ : 局名は下記)

 買い物ほか

* 買い物リストに牛乳1パックを入れて

 近くの場所を探す
(設定した住所を基準にして)
* 一番近い薬局は?
* ハンバーガーショップを探して
* 近くの遊園地は?

 翻訳 * 空港を英語で
* ”大変有り難う”をフランス語で

 タイマーをセット * タイマーあと何分?
* タイマーを一時停止
* タイマーを再開
* タイマーを10分に設定
* ピザのタイマー 13分を設定
* タイマーをすべてキャンセル
* タイマーをキャンセル
* 宿題のタイマーをキャンセル
* タイマーを5分に設定
* 明日の朝6時に起こして

 個人の情報を探す * 次のミーティングはいつ?
* フライトの出発時刻は?
* 今日はどんな日?
* 月曜日の予定は?
* 写真を見せて
* 今日の予定は?
* フライト状況教えて?
* 猫の写真を見せて
* 運動会の写真を見せて
* 面白い話を聞かせて
* 携帯電話の場所を教えて

 楽しいこと



エンタテインメント
Google公式YouTube
* イルカの鳴き声を教えて
* コインを投げて
* サイコロを投げて
* 1から10まで数えて
* 豆知識を教えて
* なぞなぞを出して
* 早口言葉を聞かせて
* ダジャレを言って

* しりとりしよう
* 何か面白いことを言って

 ゲームで遊ぶ * 水晶玉占い

 アシスタントのことを知る

Google アシスタント
Google公式YouTube

* 故郷はどこ?
* あなたの毎朝の習慣を教えて

 金融情報 * 日経平均は?
* 東芝の株価は?

 換算する * 1kgは何ポンド?
* 5kmは何マイル?
* 1ドルは何円?
* 15の平方根は?

 計算 * 157の15%は?
* 58の平方根は?

 単語を調べる * ランデブーの意味は?

 関東で聴取できる
ラジオ局


(2017年11月10日現在、聴取できなくなっています)
* TBSラジオ
* 文化放送
* ニッポン放送
* ラジオNIKKEI第1
* ラジオNIKKEI第2
* InterFM897
* TOKYO FM
* J-WAVE
* ラジオ日本
* bayfm78* NACK5
* FMヨコハマ
* 放送大学
* NHKラジオ第1(東京)
* NHKラジオ第2
* NHK-FM(東京)


 試してみると、私のような悪声でもとても良く聴き分けてくれることに感心した。上記の TECHS LIFE サイト では、グーグルホーム(ミニ)の性能を以下のように高く評価している。

 他のAIスピーカーと比較した際のGoogle Homeの特徴として、圧倒的に日本語音声認識性能が高いことが挙げられます。

   

 車への取り付け工事


シガーソケット増設用3連ソケット

 上の写真は、「スマホの充電用USBコネクター付・シガーソケット増設用3連ソケット」で、車の1個しかないシガーソケットに差し込んで使う。グーグルホーム・ミニの電源はここのUSBコネクターから供給する。今回のためだけであればUSBソケットだけで用が足りる訳だが、手持ちの上記の3連ソケットを利用した。愛車では、冬季に車のシガーソケットを使う暖房用のシートを運転席と助手席に敷くので、以前からこの商品を使っていた。これは運転中にスマホを充電できるので重宝している。3連ソケットは、アマゾンで約1,600円だった。

 ソケットは、幅広のマジックテープを使って車のシガーソケット付近に固定した。マジックテープで注意すべきは耐熱性能である。夏には、車中のパネル面の温度は5~60度を軽く超え、100円ショップなどで売っているマジックテープなどを使うと必ず落っこちてしまう。私は車の専門店で売っているエーモン社の高耐熱の商品を使うことにしている。

 USBケーブルはやや太めのものを使った。調べてみると、グーグルホーム・ミニの消費電力は8W位で結構電力を喰う。スピーカーの音量も大きいので、オーデオ部で電力を消費すると見える。電流は4~5V 、2アンペアにもなるだろうか。最初は、モバイルバッテリーを考えていたが、消費電力のことを考慮して車の電源から取る方式に変更した。

 ケーブル長は私の場合、ちょうど1m で足りた。パネルへのケーブルの固定は、カーショップで売っている同じくエーモンのは安い超小型の配線止め(8個で税抜き190円)を使った。仕上がりは、暴徒冒頭の写真でも大体のことはお分かり頂けるだろう。

   

  車載テスト

 
 グーグルホーム・ミニを愛車プリウスαに搭載して走行試験を行った。機能的には満足すべき結果が得られたが、安全上の配慮が非常に大事で、グーグルホーム・ミニに気を取られすぎると、安全上の気配りが疎かになり事故でも起こしかねない可能性があると・・と感じる。使うとすれば、音楽でも流すような使い方を主流にすべきかと思う。

 グーグルホーム・ミニを手で持ちながら屋外で使うこともやってみた。この場合、スマホの充電用バッテリーから電源を供給してやる必要がある。

 孫達と一緒に動物園でこれを試してみた。孫達は面白がって 「ねえグーグル、”ライオンの鳴き声は?”」 などと訊ねていた。まだ発売されたばかりで、しかも屋外で手持ちで使っているのは日本ではウチだけでは・・と思うと鼻が高かったが、今時珍しいのでまわりのお客さんの注目を浴びた。孫達の親は「皆んなからジロジロ見られるので止めてくれ・・」と命令され、「老いては子に従え」ということで屋外テストはこれにて終了。

 車載するためには、事前に、インターネット環境整備、車載のための初期設定を行う必要がある。ここでは、インターネット接続環境、初期設定、車載テストの結果について説明する。


車載テスト中の【グーグルホーム・ミニ】
(クリック ➡ 拡大)
 

【グーグルホーム・ミニ】
車載テスト動画
 〔実写、YouTube
   

 
 【インターネット接続環境】

 グーグルホーム・ミニを動かすためには、室内と同様にインターネット環境を用意する必要がある。私の場合も普通の家と同じように、室内ではすべての部屋で使える無線のWiFiルーターを使ってグーグルホーム・ミニを動かす。PC,やスマホも同じルータを使っている。

 車載の場合、スマホのテザリング機能を使ってインターネットに接続する。この場合、ドコモなどの4Gなどの無線電波を経由してインターネットに接続していることが室内とは大きな違いである。したがって、ビル街の市街地を走行した場合、電話受信状態が刻々変わるので、動作が不安定となり、グーグルアシスタントのエラーが発生する可能性がある。テストでは、安定してインターネットに接続できるかがポイントの1つである。

 【初期設定】

 車載時は室内と違うWiFi 環境になるのでグーグルホーム・ミニの再設定が必要になる。再設定には通常、2台のスマホが必要になる。1台はインターネットに接続するためのWiFiルーター(スマホ)、1台はグーグルホーム・アプリをインストールしたスマホである。こちらは先程のルーターに接続しておく必要がある。私はルーターを持っていないので、手持ちのスマホ Huawei honor6 Plus のテザリングを利用している。

 室内だけの設定では、1台のスマホだけで済んだが、車載の場合やや面倒な設定をやる必要があった。一旦接続してしまえば、グーグルホーム・ミニが接続実績情報を記憶しているので、次からの起動時には何もする必要がない。

 【車載テストの結果について】

 ● 車載のグーグルホーム・ミニは安定して作動した。応答速度にも遅れはない。
 ●車載のグーグルホーム・ミニは室内と同等に作動することを確認した。
 ●移動中であっても電波をちゃんと拾い、グーグルホーム・ミニは遅滞なく応答していた。

 ● ビル街などの電波状態が悪い場合は応答せず、グーグルホーム・ミニは「エラーが起きました、数秒後に試して・・」の指示が出る。再試行ではほぼ成功する。

 ● 質問として、今日の株価(私は株はやっていません)、今日の予定、クラシックの音楽再生、なぞなぞ、ダジャレ、豆知識、算数の問題などを出した。全部正解、というより、事前テストで結果が出たものだけを質問したので当然の結果である。実際には半分くらいは「分かりません・・」という結果になるだろう。「これでは使えない」と考える人も多いだろう。
 私は逆に「すごいことだ・・」と考えた。グーグルホーム・ミニとはお互いに会話をしているわけであるが、質問の意味を正し理解・解釈し、私のような悪声でもちゃんと聞き分け、分からないことは「分からない」と応え、的を外さない回答を返す・ということがいかにすごいことかが私には理解できるからである。人間でも質問の趣旨を正しく理解した上で的確な回答を返すことのできる人はそれほど多くないではないか。グーグルホーム・ミニはこれを違和感がないくらいやってのけているのである。

 ● グーグルホーム・ミニは AIスピーカーである。グーグルアシスタントという人工知能の処理システムをフル活用して、最速のネットワーク環境、クラウドコンピュータ、Google翻訳機能とスピーカーを組み合わせたものがグーグルホームやグーグルホーム・ミニなのである。私の現役時代の職業はシステム・エンジニアだったが、77歳の今でも心だけは現役時代と同じ積りでいるが、この最先端の技術領域が安価に私でも利用できるようになったことに感動した。本サイトでは関連する領域について以下の2件をアップしている。

 【AIスピーカーを展望する】 (2017年9月)
 【
機械翻訳の現状と実用性 (2017年9月)

 ● 「今日の予定」では、グーグルカレンダーに今日の予定が登録してあれば正しく教えてくれる。これはPCやスマホから事前に登録する。これについては「私の神アプリ、グーグル予定(カレンダー)」で詳しく述べている。

 ● 「クラシックの音楽再生」については PCのグーグル Play Music (参考: hisa's log s さんのサイト) において複数のプレイリストを登録しておいたものの中からプレイリストの名前を告げることにより再生している。

 ● プリウスαの車内は比較的静寂で私の声も必ず拾ってくれていた。孫娘はグーグルホーム・ミニがお気に入りで、送迎のときなど後部座席に座って発言してもちゃんと応答している。立派なものである。

 ● 問題は安全性である。意識がグーグルホーム・ミニに行き過ぎると、安全確認が疎かになりやすい。突然の飛び出しがあったりすると気が付かないことだってあり得る。したがって、1人で運転しているときなどは、車内では音楽を流すくらいにしておいた方が良いと思う。孫が同乗していているときは、グーグルホーム・ミニは良い話し相手や面白い遊び道具になる(これもテスト済み)。

 ● グーグルホーム・ミニについては、YouTube やテレビのCMに大量の使い方・レビューとかが発表されているからこちらの方をご覧頂きたい。今、「グーグルホーム」のキーワードで検索jしてみたら約 667,000 件ヒットした。グーグルホームは大ブレークの予感がする。

 アップルは「年末発売予定だったスマートスピーカー HomePod を来春発売に延期する」と2017年11月18日に発表した。グーグルホームの性能の良さや評価・既製品の価格などを見て予定を変更したのではないか?

     
 グーグルホーム・ミニの評価
  
 ネットで "グーグルホーム・ミニ レビュー" で検索をかけると大量の件数(106万件)をヒットした。おしなべてすごく評判がよろしい。その中に優れたレビューを見つけたのでご紹介する。私がいつもお世話になっているサイトである。内容には全く賛同できる部分が多いので、以下にレビューの要点を引用させていただいた。(青字)

 圧倒的な日本語音声認識力!Google Homeのレビューと評判・評価を紹介(TECHS LIFEさんのサイト)

 ■Google Home 良い点

   日本語音声認識性能が非常に良い
   話者に合わせた応答が快適
   複数の音楽サービス使える音楽再生が良い、音質は可もなく不可もなく
   想像以上に多くの質問に答える
   Chromecastと連携することで動画や写真も快適に
   ショッピングリストや覚えておいてはメモに便利
   スマホ側の操作とスムーズな連動可能

 ■Google Home 微妙な点

   ニュース読み上げがニュース一覧として扱いづらい
   カレンダー機能には課題も多い
   ありそうでまだない機能も(スリープタイマー、リマインダー…)

 日本語音声認識性能が非常に良い(詳細)

 なんといっても、日本語音声認識性能が良い、これにつきます。
 この音声認識性能があってはじめて、スマートスピーカーのスタートラインだと思います。
 AIスピーカーだなんだといっても、こちらの意思(音声)を伝えるのに苦労するのでは本末転倒。手間を削減するために使っているのに、言い直しをしたり、発音を良くするよう気をつかっていられません。

 Amazonショッピングができるとか、LINEが使えるとか、個性のある便利なことはその先の話。まず問題なく音声認識するベースが必須です。Google Homeではそのベースとなれる日本語音声認識性能が備わっています。

 実際に他のスマートスピーカーであるLINEの「Clova WAVE」と比べると圧倒的な日本語音声認識性能の差があります。Google Homeになれると、Clova WAVEを使うのは気が引けてしまう程です。Amazon Echoは日本未発売のため、どの程度の音声認識性能か現状わかりません。

 また、音楽再生中など雑音が多い場面でも、ウェイクワード(「OK、グーグル」など)をしっかりと検知してくれます。ウェイクワードさえ検知されれば音楽の音量も一時的に小さくなるなどして安定した音声伝達が可能となります。あらゆる環境でもストレスなく利用が可能そうです。

 
以下は省略しますが、詳細をぜひ上記のサイトでご覧いただきたい。

 
2017年11月14日、車愛好者用のサイト「みんカラ」 に、当記事の要点を車向けに編集した記事を投稿しました。投稿内容は こちら から、みんカラの投稿ページは こちら からどうぞ。 
                     
 (以上)