河口湖クルーズ New  旅行目次へ  2017年3月29日 制作
    写真、または、タイトルをクリックすると、ビデオ・写真が画面いっぱいに表示されます。戻るときは右下の X 印をクリックします
  2017年4月24日(月)、懇意にしているスーパー主催の「富士芝桜まつり・河口湖遊覧ツアー」に参加しました。 河口湖遊覧では、山腹に適度な雲がかかった富士山を船上から堪能しました。そのとき湖上から撮った富士山の写真やビデオを中心にした小紀行文をここにまとめました。
 遊覧船から見る富士山 (実写、動画、YouTube)
 復路に手持ちのスマホで撮影したビデオです。撮影中、中断することなく撮り続けました。風もなく、巡航中揺れることなく船は安定していました。
 河口湖遊覧船・公式ビデオ (YouTube)
 プロが作ったビデオだけに、流石に完成された美しいビデオです。条件の良いときに撮影していますから、これ以上のものを作ることは難しいでしょう。
 河口湖遊覧船・船着き場 
 正面に河口湖大橋が見える位置ににこの船着き場はあります。ここから富士山は見えず、しばらく沖に出てから富士山が姿を表し、さらに沖に出るに従って両側の裾野まで視界に入ってきます。GW中(4/29~5/7)は、9:00~17:30(30分毎出航)で運行。
乗船料金は大人930円 子供470円 (2017年4月現在)。
 河口湖遊覧船・アンソレイユ号  (河口湖遊覧船 ホームページ より)
 フランス語で「日当たり良好!」と言う意味を持つこの船は、南欧のレイクリゾートをイメージして造られたそうです。アンソレイユ号は、全長 19.0m、全幅 4.0m、総トン数 19トンのやや小振りな船。カラーリングは南仏をイメージさせるやや派手な船ですね。
 河口湖遊覧船・周遊コース (河口湖遊覧船 ホームページ より)
 就航所要時間は約20分です。
 船上から見る富士山 (実写)
 往路、右側に河口湖大橋が見える位置でフルサイズ・デジカメで撮影、ちょうど桜が満開でした。約20分ほど、今までは湖岸からしか見なかった富士山が少しずつ位置を変えながら微妙に変化する様に魅入っていました。

 「富士芝桜まつり」の方は、ツアーの日程が超早すぎで、蕾もないまだ植えたばかり・・という状況でした。あとで調べてみると、最盛期だったら、富士山をバックにした素晴らしい景観が広がる名園だったことがわかりました。関東では最大規模の、なんと80万株のスケールを誇る芝桜の名所だったのです。 ほかの関東地区の名所は株数が、多くて40万規模ですから、ここ富士本栖湖リゾートの芝桜の規模の大きさがわかろうというものです。

 俄然、芝桜に興味が湧いてきたので、「芝桜まつり」を含めた関東地方の芝桜7名園を調べて弊ホームページに掲載してみました。よろしかったら、「関東の芝桜名所」 を御覧ください。特に、最近は YouTube で芝桜の景観を写した作品が増えてきています。中には、ドローンを使って空撮した作品もありました。