「ふつうタイプのかざくるま」の作り方


ふつうタイプのかざくるま

 
簡単に作れてよくまわるカラフルな「ふつうタイプのかざくるま」です。ゆっくりと歩くだけでもまわります。

羽根の型紙は、右欄の絵柄の中から好きなものを選んでクリックするとダウンロードと印刷ができます。塗り絵のできる型紙も用意しました。
A4サイズの画用紙から型紙1枚が取れます。


このかざくるまには以下の特徴があります

カラフルなかざくるまがインターネットのホームページからダウンロードできること。
かざくるまの軸と軸を固定する方法に新しいアイデアを用いたこと。
作り方説明書もインターネットで見られること(本ページ)


写真をクリック → 画像拡大
再度のクリック → 消える

(すべての写真)
型紙の
ダウンロード
 用意する材料と道具

  材料 わりばし、ストロー、綿棒を用意します。

道具 ハサミ、千枚通し(またはピンセット)を用意します。

接着材 セロテープ・両面テープ。木工ボンドを使い分けます。

幼児の場合、ハサミ・千枚通し(ピンセット)の扱いには充分ご注意ください。特に、千枚通しで穴を開けるときは、結構力が要ります。大人が代わりに開けてください。
 

羽根(形紙)を印刷する用紙は画用紙です。100円ショップで買いました。

「20枚入り がようし A4サイズ」と書いてあります。

作 り 方
4種類の型紙の中から好きなものを選んでダウンロードし、画用紙に印刷します。「ぬりえタイプ」もあります。

かざくるまの部品(補強板、表のかざりカバー)を切り抜いたところです。

綿棒の実寸です。
これから、かざくるまの軸(ストロー軸)を作ります。

ストローを長さ45ミリに切りとります。

マジックペンなどで、右端から15ミリのところに切り込み用の目印線を書いておきます。
ストローに4箇所に均等な切込みを入れます。切り込み深さはさきほど書いた目印線(端から15ミリ)のところまでです。

切り込み深さは均等になるように注意しましょう。正しい長さでないと羽根車がフニャフニャとまわってしまいます。

4つの切込みを写真のように外側に折り曲げると、「ストロー軸」の完成です。ちゃんと垂直に立っているかチェックしましょう。
かざくるまの実線部分に4箇所の切り込みを入れます。

ここで、千枚通しを使って、かざくるまの中心部に穴を開けておきます。穴の直径は約5ミリメートルにします。
これから補強板を取り付けます。木工ボンドを使って接着します、

裏側に木工ボンドを全体に塗っておきます。
補強板を裏側に接着します。中心部に千枚通しを挿しておき、補強板を千枚通しに差し込むと容易に中心部に取り付けることができます。

この補強板のお陰で かざくるまが フニャフニャ しなくなり、がっしりしたものになります。
かざくるまの羽根の橋を折り曲げながら中心部よりやや離れた場所に接着します。先端が黄色い輪のところにくるようにしてください。

いろいろ試した結果、接着には両面接着テープを用いるのが一番良いようです。木工ボンドでは長時間押さえておかないとすぐ剥がれてしまいました。セロテープは用いないほうが良いです。後で出てくる飾り板の接着力が弱くなります。
これから「ストロー軸」と「表のかざりカバー」を取り付ける作業に入ります。

「表のかざりカバー」の中心部に千枚通しを使って穴をあけます。直径は約5ミリです。

「表のかざりカバー」の裏側に木工ボンドを塗っておきます。

かざくるまの中心部に開けた穴に千枚通しを挿しておき、「ストロー軸」を写真のように通します。

接着には木工ボンドの代わりに両面テープを用いると、飾りカバーをしばらく押さえておく必要がないので、作業が楽でした。


木工ボンドを塗った「表のかざりカバー」を中心部に貼り付けます。これによりストロー軸が固定されます。

貼り付けるとき、かざくるまの裏側から、ストロー軸を通して「千枚通し」を挿しておくと、飾り板を容易に中心部に取り付けることができます。
裏側から見たところです。

ストロー軸が垂直に立っているかチェックしましょう。
写真の寸法を参考にして、綿棒をわりばしに固定します。

ここでは、よく見えるようにするために、便宜上、ピンク色の紙テープを使っています。紙テープは、1日くらい経つと、剥がれてしまうので、本当は透明セロテープが正解です。
そろそろ完成です。

写真のように、かざくるまのストロー軸を綿棒の先端から差し込みます。

今回の綿棒とストローの寸法ですと、わずかの抵抗はありますが、すんなりと軸に入り、しかも、かざくるまが抜けない程度の大きさでした。
完成です。完成品を表側から見たところです。綿棒の先端部の太い所が頭を出しています。